【仙台市版】中古不動産のキメ手

中古マンションのデメリット

「仙台市 中古マンション」の事に関する情報サイトです。
仙台市の中古マンションを選ぶとき、デメリットについても知っておくと安心です。中古マンションのデメリットとは?

中古マンションのデメリット

仙台市で中古マンションを探す時、賃貸か分譲かで条件も変わってきますが、中古マンションならではのデメリットもあります。

例えば仙台市の分譲中古マンションを購入する場合、中古ですから価格は新築よりも安く済みますが、担保力は下がりますので、ローンを使う場合は融資額に影響します。

担保力が低いと自己資金がより多く必要になるため、ローンに関しても不安が出てしまいます。

仙台市の中古マンションにも築年数の違いはいろいろあります。

比較的新しいところは外観や内装、室内の設備も新しいものと大佐ありません。

しかし築年数が多いほど、設備や間取りが少し昔風になるため、どうしても古臭いと思えてしまいます。

分譲なら後からリフォームやリノベーションも可能ですが、賃貸の場合は気に入った間取りを探すしかありません。

中古マンションにおいて最も心配されるのが、耐震性の問題です。

ここでポイントとなるのが、1981年です。

1981年に耐震基準が変わっているので、それ以後に建てられたマンションは耐震性についても安心できます。

しかし1981年以前に建てられたマンションは、今とは違う基準のため若干耐震性に不安が残ります。

《参考リンク・・>リノベーションした中古マンション購入で注意すべきことは?

長く住む場合は特に築年数が経過しているマンションは、安全性の問題がデメリットとなってしまいます。

しかし中古マンションでも資産価値が下がりにくい物件はありますから、仙台市でもそういう条件で探してみてください。

大手ディベロッパーの分譲マンションは価値が下がりにくいと言われています。

Copyright (C) 【仙台市版】中古不動産のキメ手. All Rights Reserved.